自動車にかかる税金

自動車を持つとかかる税金

自動車は所有しているだけで税金がかかる代表です。

 

乗用車、バス、トラックには「自動車税」がかかります。

 

軽自動車やバイク、原付には「軽自動車税」がかかります。

 

大型特殊自動車に限っては固定資産税がかかります。

 

自動車税は都道府県税ですが、軽自動車税は市町村税で、毎年4月1日現在の所有者に納税の金があります。

 

なお、電気自動車などの次世代自動車と、燃費基準を達する車は、「エコカー減税」で自動車取得税と自動車重量税の税率が軽減されます。

 

自動車と軽自動車は、取得したときに消費税とは別に「自動車取得税」もかかります。

 

自動車車体だけでなく、かったときにつけたエアコン、カーコンポなども課税の対象です。

 

ただし、現在は、取得価格50万円以下であれば課税されません。

 

さらに、車検で自動車検査証の交付を受ける人は、「自動車重量税」もかかります。

自動車に関する税金

自動車に関する税金

乗用車・バス・トラック

軽自動車・二輪の軽自動車・原付

自動車取得税(車を購入すると発生) 取得価格の5% 取得価格の3%
自動車税(車を所持すると発生) 295,000円〜 111,000円(乗用車の場合) 1,000円(原付)〜7,200円(四輪乗用)
重量税(車検を受けると発生)

自家用車の例
13年未満4,100円
13年経過5,000円
18年経過6,300円

自家用車の例
13年未満4,100円
13年経過5,000円
18年経過6,300円

 

自動車重量税は国税
自動車税・自動車取得税は都道府県税
軽自動車税は市町村税

参考サイト

バイク保険…安いバイク保険をお探しなら

 

バイク 査定…バイクを売るなら無料査定しましょう。